大分の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん大分店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん大分店

街の外壁塗装やさん大分店

〒870-0146

大分市乙津港町2丁目4-3

TEL:0120-4116-98

FAX:097-535-8566

おかげさまで大分市や臼杵市、由布市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-4116-98

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

軒天とは?


軒天(のきてん)は、屋根の外壁から外側に出ている部分(軒裏)の天井部分のこと。
軒裏天井(のきうらてんじょう)と呼ばれることもあります。
この軒天には、3つの役割があります。

1つ目は、雨風が直接当たらないように外壁を保護する、いわば「傘」のような役割です。
また、下地材がむき出しになっていると、そこから雨風が吹き込み、屋根が劣化しやすくなりますが、軒天がしっかりと屋根の裏部分をガードしていることで、湿気や強風から家を守る効果もあります。

そして2つ目の役割は「目隠し」。軒天があることで、屋根裏の野地板や垂木といった下地を人の目から隠してくれます。

3つ目の役割は延焼防止です。
住宅で火災が起きた時、軒天がないと室内の火が窓から屋根に燃え移りやすく、短時間で家屋全体に火が回ってしまいます。
軒天によって、屋根は火から守られているのです。

軒天の材質は「不燃系」と「材木系」の2種類に大きく分けられます。
15年ほど前まではほとんどの現場で材木系の材質が用いられていましたが、現在では防火および延焼防止のため、ほぼすべての軒天が不燃系で作られています。
不燃系の代表的な材質は次の4つで、いずれも耐久性、耐火性、耐水性に優れているのが特徴です。

 

 

  ・ケイカル板 … ケイカル板は珪藻土・水酸化カルシウムなどを水で混ぜ固化したものをボード状にしたものです。

 

 

  ・エクセルボード … エクセルボードは、法定不燃材に認定されている材質です。必要な素材を抽出しおわった後の鉱物の残り(スラグ)と石膏を混ぜせて固めたもので、ケイカル板とともに広 

             く普及している材質です。

 

 

  ・フレキシブルボード … フレキシブルボードは、セメントと補強繊維からなる軒天の材質です。ケイカル板よりも2倍ほど重量があり強度の高い素材として知られています。

 

 

  ・金属板 … ガルバリウム鋼板、アルミスパンドレといった金属板で軒天を覆う、いわゆる「カバー工法」に使われる材質です。ほかの不燃系材質と比較すると軽量で、耐火性が高いのが特徴

         です。サビない外壁材として注目されています。

大分市、臼杵市、由布市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん大分店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-4116-98
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん大分店に