大分の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん大分店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん大分店

街の外壁塗装やさん大分店

〒870-0146

大分市乙津港町2丁目4-3

TEL:0120-4116-98

FAX:097-535-8566

おかげさまで大分市や臼杵市、由布市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-4116-98

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

綺麗に塗装するための決め手下地処理


今回、塗装を行う際に大事な工程下地処理について紹介します。

下地処理は塗装面を塗りに最適な状態にすることで、丁寧に行うことで仕上がりがきれいになります。塗装面の素材によって適切な処置をしていきます。

このように塗装面の劣化を処理していくことで、塗膜の剥がれを防ぐことができ、きれいな見た目を長持ちさせることができるため、下地処理は大事な工程の一つです。

コンクリートの塗装面に亀裂やひびなどのクラックがある場合コーキングやモルタル材などを注入し水刷毛ならして滑らかにします。その上から塗装をするとひび割れなど見えなくなりきれいになります。

塗装面にカビ・サビ・塗膜の浮きがある場合、ワイヤーブラシやマジックロン、サンドペーパーなどで取り除きます。カビ・サビ・塗膜の浮きの上から塗装を行うと塗膜の剥がれにつながります。再塗装を行う前には下塗りでサビ止め材を使用します。

旧塗膜が剥がれている場合には、皮すきやスクレーパーやワイヤーブラシやマジックロンを使用し取り除いていきます。剥がれた塗膜の上に塗装してしまうと浮いた塗膜ごと剥がれる可能性があるので取り除きの無いように注意が必要です。

下地に凹凸がある場合には、サンドペーパーで平らにならし、凹みにはパテを使用し埋めていきます。パテには種類が多く塗装面にあったパテ材を使用し適切な処置を行っていきます。

大分市、臼杵市、由布市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん大分店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-4116-98
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん大分店に