大分の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん大分店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん大分店

街の外壁塗装やさん大分店

〒870-0146

大分市乙津港町2丁目4-3

TEL:0120-4116-98

FAX:097-535-8566

おかげさまで大分市や臼杵市、由布市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-4116-98

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

大分市の明野高尾でコロニアル屋根のタスペーサー取り付け作業を行いました。


今回、大分市の明野高尾の一戸建て住宅でコロニアル屋根のタスペーサーの取り付け作業を行いました。

屋根の塗装を行う際に縁切り作業が必要になります。縁切り作業とは屋根と屋根とが重なった部分に隙間を作る作業のことです。タスペーサーを差し込むことで隙間が生まれます。

タスペーサーを差し込み屋根と屋根に隙間を作ることで、雨漏りしてしまうのではないかと心配される方も多いと思います。しかし、タスペーサーを取り付け隙間を空けることで、雨漏りを防ぐことができます。

屋根の構造上、強い雨や強風時に雨水は瓦の下にも浸入します。瓦の下に入り込んだ雨水の逃げ場を作るため、屋根と屋根の間にタスペーサーを差し込みます。屋根材の下に雨水が溜まってしまうと、雨漏りの原因にもなると共に木材の腐食にもつながります。

また、タスペーサーで隙間を作ることで結露の防止にもなります。屋根の内側に結露してしまうと雨漏りの侵入と同様木材の腐食の原因になります。

縁切り作業は元々、カッターなどで行ってきましたがタスペーサーより時間がかかり大変な作業です。屋根に傷がついてしまうのも問題点です。タスペーサーを使用することでこのような問題点を解消できました。

タスペーサーを差し込んだ後に塗装作業を行いますが、塗料が隙間に入り込まないように注意しながら塗装作業を行います。

屋根の塗装を行う際にタスペーサーが絶対必要という訳ではありませんが、必要な住宅の場合は必ず使用します。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 大分市 藤の台|N様邸 ベランダFRP防水完了検査に行きました。

今日は、大分市藤の台N様邸 ベランダFRP防水工事の完了工事検査に行ってまいりました。 急遽、防水工事のやりやすい足場に組み替えてもらいました。 勾配が悪くサンダーで調整している様子です! 建てた当時から雨水がドレンの方に流れていなかったみ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 別府市 浜町|M様邸 外壁中塗り作業

外壁塗装は3回塗りが基本です。 「外壁塗装の中塗り」と言うのは【下塗り→中塗り→上塗り】という3回塗りの中の2回目の塗装工程になります。 中塗りは、上塗り材の補強や平滑な下地を作ることが目的で一般的には上塗りと同じ塗料を使用します。 また、… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大分市 葛木|T様邸 足場仮設工事が終わり、工事前検査に行って来ました。

足場ってお家を足場を建てて工事期間中に工事が終わらない場合延長料金などかかるのですか?と聞かれた事があります。 街の外壁塗装やさん大分店では足場の料金を期間に関係なく一律としています。外回りの工事を複数の工事をまとめて行う場合は、余裕をもっ… 続きを読む
大分市、臼杵市、由布市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん大分店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-4116-98
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん大分店に