大分の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん大分店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん大分店

街の外壁塗装やさん大分店

〒870-0146

大分市乙津港町2丁目4-3

TEL:0120-4116-98

FAX:097-535-8566

おかげさまで大分市や臼杵市、由布市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-4116-98

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

別府市|パナホーム S様邸 破風面塗装


本日は別府市にあるS様邸で、破風の下塗り・上塗り作業をおこないました。

破風板塗装も錆止め後の上塗は2回塗布が標準仕様です。先ずは刷毛で丁寧に細かい所の塗り込みをして確実に擦れなどが無ように塗ります。その後はローラーにて均一に塗り刷毛目などもなくしムラなく塗布していきます。

丁寧に塗っていきます。

きれいに仕上がりました。

破風板とは?

破風板とは、屋根の妻側に山形に付けられた板のことです。デザインによっては、建物の顔ともいえる破風は、おおまかに分けて3つの役目があります。
1.防風、防水
破風板は屋根の中に下や横から風、激しい雨や台風の際の雨水が入り込むのを防ぎます。

2.防火
もしも破風板がなかったら、雨風が入ってしまうだけでなく火災時に火の手も回りやすくなってしまいます。
住宅火災は下から上に延焼します。屋根裏は防火加工がされていないことが多いので、窓から炎が上がった場合に炎はあっという間に軒まで達し、屋根裏まで一気に延焼してしまいます。

3.雨樋(あまどい)の下地
もともとは防風、防火としての役割が強かった破風板ですが、現在は雨樋の下地としての役割も果たしています雨樋を設置する際、金具を打ち付ける下地となっています。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 佐伯市宇目町|ログハウスの塗装 キシラデコール上塗り2回目です 

佐伯市宇目町のログハウスをキシラデコールで塗っています。   キシラデコールは、屋外の木材製品の保護、着色用の塗料(防虫防腐剤)で、ウッドデッキの塗装に適しています。 キシラデコール2回目塗装中です。 刷毛でひと塗りひと塗り目地の隙間も丁寧… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大分市宮河内ハイランドで付帯部塗装を行いました 

大分市宮河内ハイランドで付帯部の塗装をしています。   付帯部とは住宅の外壁と屋根以外の部分のことを指します。 具体的にいうと、軒天、雨樋、雨戸・戸袋、破風板、鼻隠し、笠木、水切り、といった部分になります。 外壁塗装において付帯塗装をしっか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大分市宮河内ハイランドで外壁上塗り作業をしています 

大分市宮河内ハイランドの住宅で外壁の上塗り作業をしています。   塗料には必ず水分が含まれており、乾燥後の中塗り塗料の表面には 塗料中に含まれる水分の乾燥の跡ができることがあります。 その気泡の跡を埋め、しっかりと外壁と塗料を密着させるため… 続きを読む
大分市、臼杵市、由布市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん大分店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-4116-98
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん大分店に