大分の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん大分店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん大分店

街の外壁塗装やさん大分店

〒870-0146

大分市乙津港町2丁目4-3

TEL:0120-4116-98

FAX:097-535-8566

おかげさまで大分市や臼杵市、由布市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-4116-98

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > 現場ブログ > 別府市 松原町| H様邸 外壁上塗り1回目 水系ファインコートシリコンを塗りました。

別府市 松原町| H様邸 外壁上塗り1回目 水系ファインコートシリコンを塗りました。


外壁上塗り1回目です。水系ファインコートシリコン

上塗り1回目とは、下塗りの次に行う塗装工程です。

外壁の色決めの際に選んだ色の塗料を使い、色塗り1回目というとわかりやすいかもしれません。
ただし、色塗りは1回の塗布ではムラなどの塗り残しが出てきますので
色塗り2回目の上塗りへと続いて行きます。

なぜ下塗り、上塗り1回目、上塗り2回目の3回の塗装工程が必要なのか

下塗り、上塗り1回目、上塗り2回目の3回の工程が何故必要なのか、それには次のような理由があります。

下塗りは外壁素材と塗膜を繋げる役目であり、下塗りをしないと外壁素材と塗膜が一体にならない
下塗りは接着剤のような役目を持っており、下塗りがないと上塗り1回目や上塗り2回目が外壁素材とくっつきません。

上塗り1回目の1回だけではムラができてしまい、万全な塗膜とはならないので上塗り2回目も必要
1回目の色付けだけでは、どんなに腕の良い職人さんでも色むらが発生してしまいます。

それは腕が悪いのではなく、塗料の性質上、色むらが発生するので当然なのです。

そのため、色付けは必ず2回工程が必要になります。

この様な観点から、これらの3つの工程は最低限必ず行わなければならない工程となります。

どの工程が欠けても万全な塗膜とはなりませんので、絶対必要であることを覚えておきましょう。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 佐伯市宇目町|ログハウスの塗装 キシラデコール上塗り2回目です 

佐伯市宇目町のログハウスをキシラデコールで塗っています。   キシラデコールは、屋外の木材製品の保護、着色用の塗料(防虫防腐剤)で、ウッドデッキの塗装に適しています。 キシラデコール2回目塗装中です。 刷毛でひと塗りひと塗り目地の隙間も丁寧… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大分市宮河内ハイランドで付帯部塗装を行いました 

大分市宮河内ハイランドで付帯部の塗装をしています。   付帯部とは住宅の外壁と屋根以外の部分のことを指します。 具体的にいうと、軒天、雨樋、雨戸・戸袋、破風板、鼻隠し、笠木、水切り、といった部分になります。 付帯部は数えたらキリがないほど種… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大分市宮河内ハイランドで外壁上塗り作業をしています 

大分市宮河内ハイランドの住宅で外壁の上塗り作業をしています。   塗料には必ず水分が含まれており、乾燥後の中塗り塗料の表面には 塗料中に含まれる水分の乾燥の跡ができることがあります。 その気泡の跡を埋め、しっかりと外壁と塗料を密着させるため… 続きを読む
大分市、臼杵市、由布市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん大分店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-4116-98
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん大分店に