大分の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん大分店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん大分店

街の外壁塗装やさん大分店

〒870-0146

大分市乙津港町2丁目4-3

TEL:0120-4116-98

FAX:097-535-8566

おかげさまで大分市や臼杵市、由布市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-4116-98

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

別府市 松原町|H様邸 漆喰壁 矢切部分塗装しました。


矢切り塗装作業

矢切りの効果

  • 外壁と仕上げ方を変えることで見た目の変化を持たせる
  • 屋根の直下で屋根を支える
  • 通気口が設けられている場合は、屋根内部に溜まった熱気や湿気を逃す

クリックすると新しいウィンドウで開きます

矢切りとは、外壁と屋根の間のスペースのことを言います。

雨水などがあたりにくい部分なので、換気口を付けることが多い部分です。

・昭和時代の切妻屋根や入母屋屋根の家屋で広く採用されていました。

現代においても純和風建築の家屋では矢切りのある家が見受けられます。

メリット・長所

    • 外壁と仕上げ方を変えることで家屋の外観に変化をつけることができる
    • 外壁の最上部に近い部分であるため、通気口を設けることで屋根内部に溜まった熱気や湿気を逃すことができる

デメリット・短所

    • 屋根を支える部分であるために、通気口を設けることで強度が下がる恐れがある
    • 暴風雨の折など、横からの雨が矢切に設けた通風孔から吹き込む場合がある
    • 矢切の底辺と外壁の取り合い(接している部分)は雨水が溜まりやすく、雨漏りの原因となる
      ⇒水切りを入れて防水対策を行うと共に、矢切り部分を定期的に点検し、雨漏りの原因となる塗装の劣化やひびがあれば早急に修繕を行うことが望ましい

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 大分市桃園で足場解体前の工事検査に行ってきました 

今日は、大分市桃園 S様邸 足場解体前の工事検査に行ってきました。   細かく 社長が チェックしていきます 手直しする箇所があれば 紙テープで印をつけていきます 雨樋と軒天もピカピカです! 水系ナノシリコン銀黒8号で吹付施工を致しました。… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大分市王子山の手で足場解体前の工事検査に行ってきました

今日は、大分市王子山の手 T様邸 塗り替え工事が終わり 足場解体前の工事検査に行って来ました。 正面の足場のメッシュシートも剥ぎ 外観も見れるように致しました。   今回は、お施主様と一緒に 足場に上がり工事検査を行いました。 街の外壁塗装… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大分市王子山の手で外塀の塗替え作業を行いました 

大分市王子山の手で外塀の塗替え作業をしています。 水性ミラクシーラーエコは、各種旧塗膜や、各種水性仕上塗材(硬質・弾性)と強固に付着するため 新築・改装を問わず幅広く適応できる水性カチオンシーラーです。 アートフレッシュは、これまでの古くな… 続きを読む
大分市、臼杵市、由布市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん大分店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-4116-98
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん大分店に