大分の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん大分店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん大分店

街の外壁塗装やさん大分店

〒870-0146

大分市乙津港町2丁目4-3

TEL:0120-4116-98

FAX:097-535-8566

おかげさまで大分市や臼杵市、由布市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-4116-98

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

Y様邸|タスペーサー(縁切り部材)差し込み作業|大分市


今日は屋根の下地処理とタスペーサー(縁切り部材)の差し込み作業をしました。

 

タスペーサーとは
コロニアルやカラーベストの瓦に使う縁切り部材です。
縁切りをしないと雨漏りの原因になってしまう恐れがあるので
縁切り部材(タスペーサー)をしっかり差し込まないといけません。

タスペーサー(縁切り部材)差し込み状況

タスペーサー(縁切り部材)差し込み状況

縁切りとは
カラーベストやコロニアルの屋根の塗り替え時に必要な作業です。
どういうことをするかと言うと、前までは塗装後の一枚一枚塗料で引っ付いた
屋根をカッターで切っていくという地道な作業でした。
現在はタスペーサーという部材の挿入で縁切り作業を行うのが普通になりました。

タスペーサー(縁切り部材)差し込み完了

タスペーサー(縁切り部材)差し込み完了

縁切りの効果
雨水は、強風時や大雨など想定外の雨が降ったときには構造上瓦の下にも入り込むものです。
なので、入った雨水をどうやって逃がすかが重要です。
縁切りが必要なコロニアルやカラーベストと言った瓦は表面に段差があり
その段差は屋根材(瓦)の下に雨水が侵入した際に雨水を逃がしてくれます。
しかし屋根塗装をすることでこの段差の隙間を塗料でふさいでしまうので
そうすると雨水の逃げ場がなくなるので屋根下地の腐食、ひいては雨漏りに繋がるのです。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 王子山の手で棟板金の錆止め塗装と上塗り作業を行いました 

大分市王子山の手で棟板金の錆止め塗装と上塗り作業を行いました。   屋根の塗装をする前に、錆止め用の材料を刷毛とローラーを使って塗布します。 鉄部は雨や湿気などで劣化しやすく塗膜が傷みやすい部分でもあるので、 必ず下地材で錆止め塗装を行って… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 王子山の手にてリリーフNADシリコンで樋の塗装を行いました 

大分市王子山の手で樋の塗装を行いました。 雨樋とは、屋根を流れる雨水を軒先に集め、地上や下水に流すためのもので、軒樋と竪樋で構成されており、軒樋は軒先で雨水を受けとめ、竪樋は軒樋から流れてきた雨水を地上へ流す役割をします。 外壁塗装を行う際… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大分市桃園にてエスケープレミアムシリコンで外壁上塗りです 

今日は、大分市桃園にてエスケープレミアムシリコンで外壁上塗りをしています。 上塗り作業は刷毛とローラーを使い2回行います。 塗膜の厚さが変わってしまうと、艶感が変化してしまう可能性があるため、塗り残しやムラのないように丁寧に作業を行います。… 続きを読む
大分市、臼杵市、由布市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん大分店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-4116-98
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん大分店に