大分の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん大分店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん大分店

街の外壁塗装やさん大分店

〒870-0146

大分市乙津港町2丁目4-3

TEL:0120-4116-98

FAX:097-535-8566

おかげさまで大分市や臼杵市、由布市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-4116-98

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

大分市 N様邸 縁切り材取り付け 板金部錆止め塗装 


屋根塗装する前の下準備 鉄部の錆び止め塗装・縁切り材取り付け

屋根の棟板金等は、錆びが発生する場所なので

屋根の塗装する前に 先に鉄部を錆び止め塗装します。

錆び止め塗装の作業では、刷毛とローラーを使用し、錆止めの材用を塗装していきました。鉄部の塗装の前には必ず下地材で錆止めを使用します。

きれいな見た目を長続きさせるために必要な作業になります。鉄部は雨や湿気などで劣化しやすく塗膜が傷みやすい部分になります。

錆び止め塗装の作業の際には塗り残しや材料のムラができないように注意しながら作業を行います。

鉄部の塗装は下地処理(ケレン)錆び止め塗装の作業を丁寧に行うことできれいな見た目を長持ちさせることができるので丁寧に作業を行うことを心がけ

まず 錆び落としをして 清掃して錆び止めを塗ります!

屋根の板と板の間にタスペーサー(縁切り部材)を差し込む作業をしました。

タスペーサーとは、コロニアルやカラーベストの瓦に使う縁切り部材です。
縁切りをしないと雨漏りの原因になってしまう恐れがあるので
縁切り部材(タスペーサー)をしっかりと差し込みます。

 

縁切りとは

カラーベストやコロニアルの屋根の塗替え時に必要な作業です。

どういうことをするかというと、以前は塗装後の1枚1枚塗料でくっついた屋根をカッターで切っていくという地道な作業でしたが、

現在はタスペーサーという部材の挿入で縁切り作業を行うのが普通になりました。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 大分市 葛木|T様邸 足場解体前の工事完了検査に行ってきました。

今日は、大分市葛木T様邸 足場解体前の工事検査に行って来ました。 屋根の仕上がり 細かくチェックしていきます! 屋根の上塗りは、エスケー化研のエスケープレミアムルーフSiを使用しました。 艶感もピカピカです! 修正の必要がある部分にマスキン… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大分市 葛木|T様邸 屋根塗装作業に入りました。

屋根の吹付に使うエアレススプレーは圧縮空気で塗料を微粒化せず、塗料に直接6.9~20.6MPa(70~210kg/c㎡)の圧力を加え、エアレスガンの先端につけられる小さなノズルから塗料を噴射霧化します。エアスプレーに比較して、霧の飛散が少な… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大分市 葛木|T様邸 基礎吹付け セラスカケン仕上げ 

今日は、大分市葛城の戸建住宅で基礎の吹付け作業を行いました。 基礎の吹付け作業は万能ガンを使用します。 材料はセラスカケンを使用しました。 セラスカケンは無機質着色骨材の組み合わせで、多彩模様を形成します。 また、天然石も含まれており仕上り… 続きを読む
大分市、臼杵市、由布市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん大分店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-4116-98
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん大分店に