大分の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん大分店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん大分店

街の外壁塗装やさん大分店

〒870-0146

大分市乙津港町2丁目4-3

TEL:0120-4116-98

FAX:097-535-8566

おかげさまで大分市や臼杵市、由布市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-4116-98

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

大分市 葛木|T様邸 屋根瓦修繕工事に入りました。


今日は、先日 足場組みが終わり 建物の工事前検査での屋根瓦の割れ箇所の交換

屋根の棟部分修繕に入りました。

瓦の色が変わってる箇所は、交換した部分です

屋根を歩くたび 箇所箇所横割れして割れます。 

屋根やさんの瓦職人に聞いたら 大分県内でも たまにある現場だそうです

セメント瓦が流行りだした頃、屋根瓦の生産が追い付かず 窯で焼いた瓦を不十分な乾かし方で

昔、出したみたいなので 横割れする瓦があるそうです

前回、塗装された施工店は、割れた瓦にシール処理して何枚も!塗装していましたのでビックリでした!

瓦の割れは建物にとって既に重症の部類に入るため、早急な修理が必要になります。

放置していると、瓦の下の防水シートが剥き出しになり紫外線や風雨に晒されて防水機能が失われてしまいます。さらに症状が進むと屋根の下地材である野地板にも雨水が浸透して、やがて雨漏りが発生するという最悪な事態が起こります。

ここまで被害が拡大すると大掛かりな修理が必要になり、高額な修理費用がかかってきます。建物も人間と同じように早期発見・早期治療(修理)が鉄則です。

数年前に屋根塗装した施工店 割れた瓦にシール材して塗装仕上げしている状況です

シールが黒くなってるのが分かります!

セメント瓦とはセメントと川砂を重量比で1:2~1:3で混ぜたモルタルを型に入れて成形し、塗装したものです。
陶器瓦と比べて均一性に優れ、座りが良く一定した並びになります。
瓦の中では軽量なので、災害等には強いのですが、紫外線・風雨・温度変化等で塗膜の劣化が進行すると素材のセメントの劣化も早くなります

定期的な塗り替えをお勧めします!

屋根棟部分もバラシて良くします!

戸建て住宅の塗装、アパートやビルの塗装など、さまざまな塗装工事に対応してまいります。

どうぞお気軽に街の外壁塗装やさん大分店までご連絡ください。

0120-4116-98まで お気軽にご相談下さい。

エースペイントは地元密着の塗装会社です。

地元で、地元の皆様に、良い仕事を、適正価格にてお届けさせていただきます。

宜しくお願い致します。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 佐伯市宇目町|ログハウスの塗装 キシラデコール上塗り2回目です 

佐伯市宇目町のログハウスをキシラデコールで塗っています。   キシラデコールは、屋外の木材製品の保護、着色用の塗料(防虫防腐剤)で、ウッドデッキの塗装に適しています。 キシラデコール2回目塗装中です。 刷毛でひと塗りひと塗り目地の隙間も丁寧… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大分市宮河内ハイランドで付帯部塗装を行いました 

大分市宮河内ハイランドで付帯部の塗装をしています。   付帯部とは住宅の外壁と屋根以外の部分のことを指します。 具体的にいうと、軒天、雨樋、雨戸・戸袋、破風板、鼻隠し、笠木、水切り、といった部分になります。 付帯部は数えたらキリがないほど種… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大分市宮河内ハイランドで外壁上塗り作業をしています 

大分市宮河内ハイランドの住宅で外壁の上塗り作業をしています。   塗料には必ず水分が含まれており、乾燥後の中塗り塗料の表面には 塗料中に含まれる水分の乾燥の跡ができることがあります。 その気泡の跡を埋め、しっかりと外壁と塗料を密着させるため… 続きを読む
大分市、臼杵市、由布市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん大分店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-4116-98
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん大分店に